無宗教葬儀

宗教にこだわらない葬儀の事を自由葬または無宗教葬儀といいます。
仏式、神式、キリスト教式などの宗教がありますが、
これとは関係のない無宗教の葬儀というのもあります。

葬儀全体でいうと100件に1件程度ですが、
故人が求めていたなど自分らしさを求める葬儀ということで最近は増える傾向にあります。

進行や祭壇についても決まったかたちがなく、どのような形式でもかまいません。
逆に決まった形がないだけにある程度の形を遺族側がイメージしておく必要はあります。

自由葬のメリットとしては、故人の趣味の品を飾ったり、好きな音楽を流したり、
人柄を偲ぶことを中心とした葬儀が可能ということです。
伝統習慣に縛られること無く、遺族や弔問客がゆっくりとお別れができるような
アットホームな葬儀になることでもあります。

他にはお寺に納めるお布施、お車代が無い分費用が抑えられることもあります。
遺族間において宗旨の対立が起きないということもいえます。

自由葬のデメリットとしましては、はっきりとしたイメージが必要であること、
新しいかたちなので遺族、親族間で合意が取りにくいこと、
式場によっては開催を受けてくれない場合もある事、
宗教儀礼が無いので葬儀を終えた後の対処に困ること、
明確な決まりごとがないため進行の段取りがしっかりと出来ない可能性があることなどがあります。

無宗教葬儀の具体例を見ていきましょう。
大きな傾向としては、祭壇は白木の祭壇ではなく、
お花を中心にした生花祭壇にするものもあるようです。

音楽葬というのは聞いたことありますでしょうか。
読経や讃美歌の代わりとして、生前好きだった曲や、
関係の深い音楽をで式場で流すなどの音楽を中心に行う葬儀のことです。
音楽葬は無宗教葬や社葬、学校葬など、様々な形式で行われます。