通夜でのマナー

仏式の通夜でのマナーを説明します。
ここでは焼香と数珠についてのマナーを説明します。

通夜、葬儀、告別式では通常、抹香をたいて焼香をします。
宗派によって違いがありますので、弔事の宗派も確認しましょう。
もともと焼香は、仏を供養する儀式であり、仏教伝来とともに日本に入ってきました。
現在では香によって仏様を清めるという意味があります。

自分の順番がきたら、焼香台の前まで進み、遺族と僧侶に一礼をします。
そして焼香台の前では遺影を仰いでから一礼し、焼香をします。

焼香は大抵複数回となっていますが、
会葬者が多くいる場合は1回の時がありますし、宗派によっても異なります。
焼香後は合掌し、遺族と僧侶に一礼してから、席に戻ります。

座礼焼香の場合は、腰を低くして歩き、霊前の前に移動します。
遺族、僧侶に一礼してから、霊前に向かい、遺影に一礼し、焼香をし合掌します。
遺族と僧侶に一礼したら、腰を低くかがめて自席へ戻ります。
通夜の会場が狭い場合などは香と香炉がひとつになったものを参列者に回して焼香を行う
回し焼香という方法がとられます。

数珠の持ち方は一般的に房が真下になるように左手にかけて持つか、左手首に数珠を通して持ちます。
右手で焼香する際には左手で持ち、合掌時に両手にかけ、合掌後に左手に戻します。
葬儀に参列される人の多くは数珠を持っていますが、
宗教などが異なれば、必ずしも数珠を持参しなくても構いません。

数珠の使い方なども宗派によって異なりますが、自分のやり方をしてもかまいません。
合掌して使う場合、房が真下にぶら下がるようにし、親指と人差し指の間に挟み、
親指で押さえ両手をきちんとあわせます。
この両手をきちんと重ねるのが、合掌の基本となります。