神式による葬儀

神式による葬式は正式には神葬祭といいます。
神葬祭では、葬儀、告別式を合わせた葬場祭を行いますが、
神社では行わずに自宅か斎場に神官を招いて行います。

始めに、故人が氏子になっている神社の神官に連絡をします。
通夜や葬儀の日程を打合せしますが、設営に必要なものが多くあるので、
早めに連絡することをお勧めします。

神式では神官を招いて行ったりするわけですが、密葬や家族葬にすることが比較的多いです。
密葬とは身内だけで行う葬儀のことで一般の方を呼びません。

本来は、本葬の前に親族のみで火葬をすませることを密葬と呼んでいましたが、
現代では本葬が省略され、密葬だけを行うことが増えてきました。

密葬を行う時の注意点としては知らせる範囲をどうするかがポイントになります。
知らせなかった人から後から責められる可能性も考慮に入れておきましょう。
香典を受け取るか受取らないかも注意点です。
受取らないと決めていても断りきれないケースもあるためです。

家族葬とは名前の通り、家族や近親者だけの小規模な葬儀のことです。
祭壇を飾らず、棺を中心に花を飾るだけのスタイルです。
葬儀社が言い始めた言葉ですが、今では一般にも浸透するようになりました。

最近では自分の葬儀は親しい人のみで小規模に行ってほしいと考える人が増えています。
それに伴い、家族葬の需要も急速に高まっています。
家族葬向けの小さな斎場も増えてきていて、利用希望者も年々増加傾向にあります。

家族葬は義理や付き合いではなく、故人の死を心から悲しむ人だけが集まります。
お金をかけずシンプルですが、慌ただしさやわずらわしさが無く、故人との別れが大切にできます。
また、宗教葬、無宗教葬を問わず、宗教的な制約は一切ないので、
神式で神官にお願いして葬儀を行う事が多いのです。