葬式での服装とマナー

突然の不幸への対応となる葬式での服装とマナーも充分に注意する必要があります。
突然入ってくる悲しい知らせはいつどこで聞くかは事前に分かりません。
このような事態に対応できるよう1着は喪服を用意しておくのが良いでしょう。

喪服とは、もともと喪に服する人間が着るものです。
遺族側の服装ともいえますが、現代では弔事に参加する全ての人が身に着けるようになりました。

本来、一般会葬者が通夜や葬儀、告別式などに参加する場合、
喪服でなくても地味な服装であれば良いのです。
しかし、現代では喪服を着る事が常識だと考える人も多いです。

遺族が着る喪服は江戸時代まで白色でした。
明治には黒い喪服を着用するようになり、昭和には参加者も喪服を着るようになりました。

こうしたことからも、もともとあるしきたりより
その時代の風潮にあわせた着こなしをする方がよいといえます。
通夜に参加の場合、女性なら黒か地味目の色の服装で、
男性なら黒やグレーなどのスーツがよいでしょう。

通夜は訃報があってから、あまり時間を空けずに行われることが一般的です。
喪服を着ていくという事は事前に喪服を準備していた、
すなわち事前に死ぬことを予想していたともとられてしまう行為です。

また、通夜のみに参列の場合は、喪服を着て、遺族にその旨を伝えましょう。
喪服は立場や、状況を良く考えてから着用しましょう。

子供の扱いは次のとおりです。
弔事に子供を連れて行く場合、学生であれば学校の制服が正式正装となります。
制服が無い場合は、黒目の地味な色合いの服装にしましょう。
子供が幼い場合、親戚であれば仕方がありませんが、
なるべく子供を連れて弔問することは避けるようにしましょう。