弔電の打ち方

弔電とは弔意を伝える電報です。
通夜や葬式にどうしても参加できない遠方に在住の場合に利用する事が多いでしょうか。
故人の死を悲しみ偲ぶ気持ちを現すのが弔意です。
弔電は故人に対する哀悼の意を表すのですから、故人の死を悼む気持ちがとても大事です。

訃報を受けてもすぐには弔問出来ない時には弔慰の手紙を書く方法がありますが、
他には弔電を打つことも出来ます。

弔電は『115』に電話するか、NTTの支店、営業所、ネットなどから申し込みます。
受付時間は店舗なら営業時間内ですが、電話なら午前8時から午後10時までです。
インターネットでは24時間いつでも申し込みが出来ます。

メッセージは弔電用の文例から選んだり、自分で作成します。
弔電は告別式で読み上げられる場合もあるので、通信文の最後に発信人の名前をいれます。
通常、宛名は喪主にしますが、分からない場合は、故○○様ご遺族様とし、自宅か斎場に送ります。
万が一故人のフルネームが分からない場合は、斎場に連絡して聞いてみるとよいでしょう。

弔電で使われる主な敬称もしっかりと理解して間違えないようにしましょう。
父にあたる方には、ご尊父様。 お父様。 父上様。
母にあたる方には、 ご母堂様。 お母様。 母上様。
のようにしなければなりません。

遅くとも葬儀の前日には届くように申し込みましょう。
故人に対する思いを少しでも早く伝えるためという目的があるので、
あまり遅くなりすぎるのはよくないでしょう。

また弔電の差出人名は、遺族にとっては聞き慣れない名前である可能性が高いので、
故人との関係が分かるような手紙も添えておくと、遺族にとっては分かりやすくてよいでしょう。

台紙は弔電用の無料のものもありますが、別料金で様々なデザインのものが豊富にあります。
シンプルなものから、ブリザードフラワーを使ったもの、押し花を使ったもの、
伊万里焼の小皿をつかったもの花束を使ったものなど様々です。